トップへ戻る

看護師の再就職

看護師の再就職試験における小論文の書き方
スピード優先なら
  矢印 MEDFit看護師*ナース
支援金希望の人は
  矢印 転職支援金35万円がもらえる『ナースJJ』
北海道・兵庫・岡山・広島県に強い
  矢印 ナースジョブ

看護師の再就職試験における小論文の書き方の例

看護師の再就職試験における小論文の書き方
看護師の再就職試験は、面接だけで終わるケースがほとんどですが、小論文を書かせる場合も散見されます。

 

高校や大学の入試ではないので、

  • 誤字脱字
  • 文法の間違い、
  • 原稿用紙の使い方など

学校の授業の「国語」の試験ではありません

 

そもそも、試験実施者である病院側でも、純粋に国語の採点が出来る専門の教員がいるはずもありませんからね(笑)

 

看護師採用における小論文の目的は、次を確認するためです。

女医イラスト

  • この病院に入ったあとで、仲間とトラブルを起こさずに働ける社会的常識を有しているか

     

     

  • 医療従事者としての最低限の知識を有しているか

     

 

ですから、与えられたテーマについて、過不足なく指定の文字数にまとめれば、合格点をもらえます。
世の中で誰も知らないことを考え出せとか、オリンピックで金メダルを取ってこいとか、無理なことは絶対にありません。

 

アタリマエのことをアタリマエに、ちょっとだけあなたのオリジナリティを加えれば、更に加点されるでしょう。
これだけでは、アドバイスになりませんから、書き方のルーチンを一つ教えましょう。

 

小論文はテンプレートに当てはめる

限られた時間で、規定の文字数に、論理をまとめるのが小論文に与えられた課題です。
あれこれ悩んでいては、まともな論文にはなりません。

 

小論文はテッパンの型を使いましょう。
つまりテンプレートに当てはめて、あらすじを作ってしまうのです。

 

あらすじを作ってしまえば、文字数の指定に合わせて、ふくらませる作業になりますから、時間配分を読みながら、原稿用紙を埋めていけば良いのです。

 

看護師アニメ

 

テンプレートは『だろうか?たしなよ』

 

実は、元ネタは、NHKのEテレ「小論文は"型"で勝つ!」で2013年9月30日(月)に放送された内容です。
小論文の書き方として、とても良くまとまっているので、テンプレートとして紹介します。
小論文の型

 

小論文の構成を5つに分けます。

5つの項目に何を書くかの指示が、『だろうか?たしなよ』なのです。

 

これだけでは、分かりにくいでしょうから、一つ例文を提示します。

 

課題が「終末期医療について」で、小論文を書くとします。

 

下に、サンプルの文例を示しますが、サンプル文の内容に異論があるなら、貴方自身の考えで文章を作り替えてみるのも、良い訓練になるはずです。

 

『・・・だろうか』で、問題提起をする

ここでは、与えられた課題の中から、この小論文で論じる具体的な問題を提起する部分です。
ある意味では、小論文の成否を決めるもっとも重要な部分ですから、少し詳しく説明します。

 

問題点の抽出には、次の3点に気をつけてください。

賛否両論ある問題を抽出すること

看護師アニメ

意見が一方的に偏っている問題提起は、当たり前のつまらない意見か、世間を敵に回してしまう暴言になるので避けるべきです。

 

例題で言えば、「終末期を迎えた患者は、安楽死を優先すべきだろうか」などと問題提起をしたとします。
安楽死優先を否定すれば、盛り上がりのないありふれた意見になり、印象に残りません。

 

現在の日本で安楽死を優先するなどと書いたら、医療機関側から見ると危険な思想の持ち主と判断されてしまいます。

 

自分の手に負える範囲の問題を選ぶこと

小論文ですから、限られた文字数で結論まで導かなければなりません。
天下国家を論じるような、大問題や、正確なデータを必要とするような問題を取り上げてはなりません。

 

例題で言えば、「終末期医療費は、国が負担すべきか地方行政府が負担すべきだろうか」を取り上げると、費用実態や国と地方の役割にまで話が及び、とても1000文字前後の小論文に収まるテーマではありません。

 

こんな大きな話題を取り上げてはいけません。

 

社会にとって大事なテーマを選ぶこと

社会全体に影響を及ぼすテーマを選びましょう。

 

例えば、「終末期医療に従事する女性看護師の服装は、白が良いかピンクにだろうか」という問題提起では、根拠が薄弱で個人の主観となってしまい説得力が欠如して、本質的な問題提起と言えません。

 

例文として、在宅で死を迎えることを取り上げてみました。

小論文のテーマとしてはやや重いですが、課題そのものが終末期医療なので、この程度でも良いかと思います。

 

しかに・・・』で、反対意見への理解を示す

ここも、本論に入る前の序文を構成する一部分となります。
持論を展開する前に、反対意見に対して理解を示すことによって広い視野を示唆して、狭小な論文ではないことを示します。

 

かし・・・』で、自分の主張を提案する

反対意見を理解した上で、それに反論する形で、持論の骨子をここで提示します。

 

ぜなら・・・』で、自分の主張の理由を展開する

ここが、この小論文の本文となる部分であり分量も多くなりますから、理論立てと根拠をしっかりと考えましょう。

 

って・・・』で、結論をまとめる

最後の結語に当たる部分です。
上記の本文で論じたことをうまくまとめます。

 

例文を提示します

与えられた課題は、「終末期医療について」です。

終末期医療の本流が無理な延命から傷みの緩和へと移りつつある中で、最後のときを病院やホスピスで迎えるケースが80%を占めているが、在宅という選択肢はないのだろうか。

しかに、家族に対する負担増加や、急な症状悪化に対応出来るかという不安があることは理解出来る。

かし、医師と看護師が連携して訪問医療の地域態勢を確立していれば十分に対応できると、私は考えている。

ぜなら、夜間訪問を含めた濃厚なケアが必要なのは、死を迎える直前の2週間ほどに限定されているのが実態であり、対応は疼痛緩和ケアが主体となるのであるから、病院であっても在宅であっても出来ることに大きな差は認められないのである。

って私は、患者本人の希望を無視してまで、施設に拘束すべきではなく、自由意志を尊重して在宅見取りの選択肢を残すべきであると考える。

 

これで、『あらすじ』が出来ましたね。
あとは、指定の文字数に合わせて、それぞれのパートに肉付けをします。

 

 

あらすじに肉付けをします

『・・・だろうか』は、全体文字数の10%程度

ここは、導入部分に相当します。
原稿用紙2枚(800字)の指定であれば、80字(4行)程度が目安です。
上に示した例文がほぼ80字なので、このまま原稿用紙に書いてもいいくらいのボリュームで、極めて簡潔に書く必要がります。

 

原稿用紙3枚(1200字)の指定であれば、あと2行ほど、付け加えることになります。

 

『たしかに・・・』は、全体文字数の10%程度

反対意見に理解を示す部分です。
分量的には、『・・・だろうか』とほぼ同じボリュームです。

  • 800字指定なら4行
  • 1200字指定なら6行

この程度を目標にします。

 

『しかし・・・』は、全体文字数の20%程度

持論を提示する部分ですが、すでに本文の一部としての役割があります。
そのため、前2項目の倍のボリュームを充てます。
つまり、このくらいの分量です。

  • 800字指定なら8行
  • 1200字指定なら12行

 

『なぜなら・・・』は、全体文字数の50%程度

小論文の中心となる本文ですから、全体量の半分の分量を充てます。
あらすじで示した構想をより具体的に説明し、可能であれば根拠となる数字や出典などのデータを示すと、より説得力が増すでしょう。

 

『よって・・・』は、全体文字数の10%程度

結語として、全体の10%程度の分量を充てます。

過去に出題された主な論文テーマ

過去に、実際に出題された小論文のテーマを幾つか紹介します。

 

医療技術と知識

「看護ケアにおける感染予防」
「インフォームドコンセントと看護師の役割について」

 

医療総論

「看護の信頼性」
「少子高齢社会においてあなたが看護師としてすべきこと」
「差額ベッド」

 

看護師として

「私の目指す看護師像について」
「私が考える看護とは」
「患者の立場に立った看護」

 

一般常識

「私を成長させたこと」
「実習で出会った目標とできる人」
「あなたにとって友情とは」
「私の趣味について」
「好きな自分と嫌いな自分」

 

小論文の基本

文字数は90%以上書くこと

例えば、800文字(原稿用紙2枚)の指定であれば、全体で40行になりますから、空白で残して良いのは4行以内です。
1200文字(原稿用紙3枚)の指定であれば、6行以内です。

 

ただし、これは最低限なので、出来れば空白残しは、2〜3行に留めるように努力しましょう。

 

一文は3行(60字)以内に収めること

文章が長くなると、一文の中で、論旨が崩れるリスクが高まります。
文章の味わいを求める小説や詩歌ではありませんから、誰が読んでも誤謬を生じないように、簡潔明瞭な文体にしましょう。

 

「〜と思う」 「〜思われる」は使わないこと

いかにも自信がない様子を表すので、審査員に対して非常にネガティブな印象を与えます。
ましてや「〜だそうです」などは、更にいけません。
「〜と考える」や「〜だ・である」と断定しましょう。

 

一人称は「私」にとういるすること

女性の場合は、「僕」や「俺」はありえないでしょうが、自分とか「わたし」「あたし」、更には「花子」などの実名はいけません。
「私」意外の一人称は使わないことです。

 

文末は、「〜である」「〜だ」で統一すること

です・ます調のほうが柔らかい印象になりますが、論文としてのキリリとしまった印象が薄れるので、おすすめしません。
男性であれ、女性であれ、小論文においては、である調に統一すべきです。
途中で「である」と「です」が混在するなど最悪ですから、絶対にしてはいけません。

看護師転職サイトの利用

いろいろな不安と疑問

産後のブランクがあり、改めて病院での仕事を求めて一人で求職活動していると、不安や疑問がどんどん湧いてきます。

  • 面接のプレッシャー
  • 面接に着ていく衣装はどうする
  • 仮想質問を知りたい
  • 小論文の予想
  • 託児所はあるかしら
  • 給与条件
  • 残業はどうだろう
  • 夜勤はあるのかしら
  • 専門分野が狭いから心配
  • 臨床現場から離れたい

 

病院側が看護師に求める一般常識

看護師は多くの患者と接し、また医師とも接します。
人と人との関り合いの中には、些細な事からトラブルが生じやすいものです。
病院側としては、患者とのトラブルを避けるために最前線で働く看護師には、通常の常識を上回る一般常識を強く求めます。

 

看護師試験における『一般常識』とは社会人として必要となる知識のことだけではありません。
医療の場で直面する理不尽な要求や、無力故にどうにもならない苛立ちなど、そうした場合でも感情的にならずに冷静に対処しなければなりません。

 

知識が豊富でも、感情に左右されてトラブルを生じるようでは、看護師としての資質に欠けると判断されてしまいます。

 

また、行動は必ず記録に残すことによって、コンプライアンスが遵守されることを強く認識しておきましょう。
これらの点を総合的に判断した一般常識が問われます。

 

専門家が相談にのります

あれもこれも頭のなかで交錯して、結果的に挫折することになることがります。
まずは、専門家である「看護師転職サイト」を利用されることをおすすめします。